top_hilomura-sakura.jpg

2012年11月01日

放射線被爆の実態!【転送です】

岩手県のホームページ上に興味深い情報が載っていたのでご紹介します。その情報とは岩手県内の放射線健康影響(内部被ばく線量)調査の概要です。
この健康調査書によると、調査をした9割の子供の尿から1ベクレル以上7ベクレル以下の放射能が検出されたとのことです。
☆岩手 放射能情報
URL http://www.pref.iwate.jp/view.rbz?cd=40634
o0800060012262292020.jpg
o0800060012262292023.jpg
o0800060012262292022.jpg
o0800060012262292021.jpg
o0800060012262292024.jpg
尿から放射能が検出されたというのは気になりますね。何故なら、尿から数ベクレルの放射能が検出されるということは、体はそれ以上に被ばくをしていると言えるからです。
チェルノブイリ事故の時に現地で様々な調査や活動をしていた「バンダジェフスキー博士」は、50Bq/kg以上の体内放射能汚染で何らかの異変が発生しやすいと述べています。


☆元ゴメリ医大学長、バンダジェフスキー博士による内部被ばくの研究結果 ぜひご一読下さい!
URL http://kodomonomirai.jpn.org/wp/?p=714
引用:
以下転載させていただきます。

「食物中のセシウム摂取による内部被曝の研究がほとんどない中、バンダジェフスキー博士は、大学病院で死亡した患者を解剖し、心臓、腎臓、肝臓などに蓄積したセシウム137の量と臓器の細胞組織の変化との環境を調べ、体内のセシウム137による被曝は低線量でも危険との結論に達しました。」

それによると、

【体全体への影響】
* セシウム137の体内における慢性被曝により、細胞の発育と活力プロセスがゆがめられ、体内器官(心臓、肝臓、腎臓)の不調の原因になる。
* 大抵いくつかの器官が同時に放射線の毒作用を受け、代謝機能不全を引き起こす。
* セシウムの濃度に応じて、活力機構の破壊、たんぱく質の破壊が導かれ、組織発育が阻害される。
* セシウムの影響による体の病理変化は、合併症状を示し、長寿命体内放射能症候群(SLIR)といわれる。SLIRは、セシウムが体内に入ったときに現れ、その程度は入った量と時間とに相関する。
* SLIRは、血管、内分泌、免疫、生殖、消化、排尿、胆汁の系における組織的機能変化で明らかになっている。
* SLIRを引き起こすセシウムの量は、年齢、性別、系の機能の状態に依存するが、体内放射能レベルが50Bq/kg以上の子供は機関や系にかなりの病理変化を持っていた。心筋における代謝不調は20Bq/kgで記録された。
* 汚染地帯、非汚染地帯の双方で、わずかな量の体内セシウムであっても、心臓、肝臓、腎臓をはじめとする生命維持に必要な器官への毒性効果が見られる。

【心臓への影響】
* 生命維持に必要な多くの系で乱れが生じるが、その最初は心臓血管系である。心筋のように、細胞増殖が無視できるかまったくない器官や組織は、代謝プロセスや膜細胞組織に大きな影響が生じるため、最大の損傷を受ける
* ミンスクの子供は20Bq/kg以上のセシウム137濃度を持ち、85%が心電図に病理変化を記録している。
* ミンスクの子供で、まれに体内放射能が認められない場合もあるが、その25%に心電図変化がある。このように濃度が低くても、心筋に重大な代謝変化を起こすのに十分である。
:引用終了

もちろん、体格などにより、耐えられれる放射能量なども変化するので一概には断言できませんが、放射能を体内に蓄積してしまった場合、将来、何らかの異変が発生する可能性があると言えます。

行政には今以上に詳細な検査と対策をしてもらいたいところです。

以下3つはYouTubeでご覧ください
☆#福島 #東京 も #放射能 汚染深刻!20万人が発癌を予想!英SkyTV(字幕)
☆天然放射能と人工放射能は違う!
☆東電政府マスコミがいまだに言わない書かない触れないフクシマの危機


☆東日本の放射能汚染モニタリング地図
URL http://www.nnistar.com/gmap/fukushima.html
o0800107812049012821.jpg

【警告】地震にご注意を! 【転送です】

2012年10月31日 11時55分01秒NEW !

麒麟地震研究所では今月上旬から継続して記録的な高い数値を観測しています。昨日も最大値17万を観測したとのことで、将来来るであろう巨大地震の兆候を観測していると推測されます。
麒麟地震研究所‏@kirinjisinken
URL https://twitter.com/kirinjisinken/status/263216898920022016/photo/1
:引用
観測機2レンジ99999のデータです。昨日から今日に掛けて最大値17万の反応が出現しています。まだ拡大傾向です。このまま長期間反応が継続し年を越すとM値は9前後になる可能性が在ります。反応が止まったら要警戒です。 #jishin pic.twitter.com/sPljgDZs
o0600044812263185341.jpg

巨大地震の兆候というの短くても数ヶ月、長いと数年単位で観測されますので、今すぐに巨大地震が発生するとは断言がなかなか出来ない状況です。しかしながら、麒麟地震研究所以外にも多くの予兆、異変が多数観測されているので注意は必要だと思います。

また、行徳地震予知データの方でも動きを観測しています。
以下は、8日前から本日までの行徳地震予知データの変動記録です。

☆行徳地震予知データ 千葉香取観測点
URL 
http://earthq.system-canvas.com/browse2.wpp?cmd=view&loc=M_KTR&dir=VERT
o0800043212263185343.jpg
o0800043212263185344.jpg
o0468023412263185342.gif

これを見ると分かるように、ここ最近は下の赤線が非常に活発に動いていましたが、本日になって数値が急激に低下しています。
このような一時的な収束現象は、中規模地震発生前に多いので、1週間程度は千葉周囲で中規模地震を警戒したほうが良いでしょう。

行徳地震予知データでは、上の青い線よりも下の赤い線の方が地震を当てる確率が高いため、今回のように赤線が大きく動いたら要注意です。

また、ラドン濃度でも一時的な収束を示唆する動きを観測しています。

☆福井ラドン濃度
URL http://lll.physics.gifu-u.ac.jp/~radon/cgi-bin/place.cgi?key=hei&type=adc&nday=1&period=week&nweek=1&nmonth=1&ysel=2012&msel=10&dsel=23&yselm=2012&mselm=10&spanm=d
10月23日〜10月30日のグラフ
o0596041812263198378.gif


ただ、HAARP電離層データや磁場データ、大気イオンなどでは大きな変動を観測していないため、現時点では大型地震が発生するような事態はあまり考えられません。
ですので、近々、千葉周囲で発生する地震はマグニチュード6前後くらいだと予測されます。

☆全国の電子数
URL http://wdc.nict.go.jp/IONO/TEC-MAP/latest-span24H-interval05M-HR.html

☆HAARP電離層データ
URL http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi

☆地球磁場リアルタイムデータ
URL http://seesproxy.tksc.jaxa.jp/fw/dfw/SEES/Japanese/Data/docs_ja/ETS8/ETS8_DataGraph.htm

☆NPO法人大気イオン地震予測研究会
URL http://www.e-pisco.jp/

☆家庭用地震予測ナマズ
URL http://www.sinjidai.com/~miyagi/namaji_data/google_map.html

まとめると、
@巨大地震の予兆を多数観測しているものの、データの動きからまだ即座に発生する可能性は低い。ちなみに数値から規模はマグニチュード9クラスと想定されます。
A行徳地震予知データ、ラドン濃度は一時収束を示唆しており、1週間以内に千葉周囲でマグニチュード6±1の地震が近々発生する可能性が高い。
ということになります。