top_hilomura-sakura.jpg

2012年12月06日

【転送です】☆平成23年度 甲状腺検査の結果概要(平成24年3月末日現在)

☆平成23年度 甲状腺検査の結果概要(平成24年3月末日現在)
2-01.jpg 2-02.jpg 2-03.jpg 2-04.jpg
URL http://www.pref.fukushima.jp/imu/kenkoukanri/koujyosen-ketuka2403.pdf

いずれにせよ、福島に人が長期滞在してはいけないと私は思います。今回紹介した調査結果はこれでも一部に過ぎません。他にも数多くの調査結果があり、いずれに情報も福島で異変が発生していることを示唆しています。福島に住んでいる方は政府による助けを待っていては手遅れになってしまうでしょう。
ですので、政府や行政を待っているのでなく、自分で早めにどうにかしないといけないと私は思います。
地方自治体なども福島の方を受け入れるためのサービスなどをしています。「政府が〜」「行政が〜」とかばかり言ってないで、自分で動いて状況を良くしてください。

☆福島県内の子供36%にしこり 福島以外でも甲状腺検査へ
URL http://sankei.jp.msn.com/life/news/120827/trd12082711260006-n1.htm  引用:
政府は27日までに、福島県以外の全国3カ所で、18歳以下の4500人を対象に甲状腺超音波検査の実施を決めた。東京電力福島第1原発事故を受け、福島県内の18歳以下の子供を対象に行っている検査では約36%の子供の甲状腺にしこりなどが見つかり、これらが事故による影響かどうかを見極めるためデータを集める。
 内閣府原子力被災者生活支援チーム医療班は「良性のしこりは健康な人にもよく見られるものだが、疫学的な調査がこれまでにない。福島県からできるだけ遠く、放射線の影響がない場所で調べる」と話している。
 同チームによると、福島県内で行っている検査と同様の方法で、来年3月まで実施。日本甲状腺学会などの専門医が担当し、疫学の専門家も加えて結果を検討する。 :引用終了


☆福島の癌化のスピードはチェルノブイリの5倍。尋常でない。”甲状腺癌、白血病の報告が次々と届いている” (原発問題) 
URL http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/797.html
引用:
福島の癌化のスピードはチェルノブイリの5倍。尋常でない。”甲状腺癌、白血病の報告が次々と届いている”
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/c1b246f7df066f7b64a47b5474b8abe8
2012-08-29 22:27:21  原発問題
新サバイバル掲示板
http://9307.teacup.com/tokaiama/bbs より
福島の癌化のスピードはチェルノブイリの5倍 投稿者:通りがかり
投稿日:2012年 8月21日(火)06時43分56秒 返信・引用
http://8706.teacup.com/uedam/bbs
 * 「FRCSRJP・みんなのカルテ?@FRCSRJP
 @YuriHiranuma FRCSR
  甲状腺癌、白血病の報告が次々に届いています。
  半年前、つまり事故から一年目にして発症の萌芽があったと
  われます。
  チェルノブイリで癌の発症は5年から10年かかりましたが、
  「癌化のスピードはチェルノブイリの5倍です。」
「FRCSRJP・みんなのカルテ?@FRCSRJP
秋にははじまると思っていたことが、お盆明け早々にはじまりました。  死亡は子供も含み、甲状腺癌、白血球に問題ありの報告、増加の一方です。 避難予定者で症状のある人は急ぎ避難を呼びかけてください。」
「FRCSRJP・みんなのカルテ?@FRCSRJP
<拡散> 症状の進行が尋常ではないスピードです。 症状のある方で避難を予定している方に急ぎみなさんから避難を呼びかけてください。
ご協力お願い致します。」 https://twitter.com/FRCSRJP
チェルノブイリの5倍のスピード!!
ということは、単純に考えて、フクシマの放射能はチェルブイリの5倍の量。
4つが爆発したのですから、不思議ではないでしょう。
不思議なのは、ここにきての日本社会の無反応です。
律令政府と、それを盲信する律令理性人たちのことですから、別に驚きもありませんが、可哀想なのは、まだ自然理性を保っている子供たちです。それを開花させる前に、沈没してしまうかもしれません。 :引用終了
事実、チェルノブイリよりも速い速度で多くの子供達から甲状腺異常が報告されています。

【重要!転送です】福島の放射線量の高い地域では生物界の異変が確実に起きている

福島の放射線量の高い地域では生物界の異変が確実に起きている!

2012年12月02日 20時48分
福島における鳥類や虫の放射能影響調査結果です。 福島での鳥類減少速度や、異常はチェルノブイリ事故の、倍の速度で事態が進行しているとのことです。
001.jpg 002.jpg 003.jpg 004.jpg 005.jpg 006.jpg 007.jpg 008.jpg 009.jpg 010.jpg
福島の癌化スピードはチェルノブイリの5倍という指摘もあります。上記の調査結果を見ると、これも否定はできないと私は思います。

正にこれから人間界に起こることではないでしょうか?とてつもない時代に突入して行かなければならないのでしょうか?恐ろしい事です。
政府や研究機関からどんどん発表してくれる事を願います〜by 院長