top_hilomura-sakura.jpg

2013年01月25日

泊原発再稼働:賛否などアンケート 一般からの回答募集

毎日新聞 2013年01月23日 19時35分(最終更新 01月23日 19時48分)
001.jpg

原発再稼働アンケート
 毎日新聞は、年内にも議論が予想される泊原発1、2号機の再稼働について、道内の主要団体のトップにアンケートを実施した。高橋はるみ知事と工藤寿樹・函館市長は「国のエネルギー政策がはっきりしていない段階で、回答は避けたい」としたものの、札幌市の上田文雄市長は「現状では反対」、旭川大学の山内亮史学長は積極的な反対を表明した。
 アンケートは泊1、2号機の運転再開への賛否と、再稼働しなかった場合への生活への影響の大小を50の目盛りを設けて感じ方の度合いをクロスチェックしてもらった。再稼働しなかった場合、北電のこれまでの経営状況では年2500億円程度の経費増が生じ、最大3割程度の電気料金の値上げも見込まれる。そうした生活面へのマイナス影響が再稼働の賛否にどの程度影響するか考えてもらおうと企画した。
 アンケートは道内在住の人からの回答も募集する。質問は「(1)夏にも予想される泊原発1、2号機の再稼働に賛成ですか」「(2)再稼働しなければ、電気料金の値上げや計画停電などの使用制限も予想されます。生活への影響は大きいですか、小さいですか」の2項目。
 チェックする位置(例えば「再稼働賛成37」「影響大きい23」)と、そう考える理由を50字程度にまとめ、氏名、在住市町村、年齢、職業を明記の上、毎日新聞北海道報道部(電子メール・h.houdou@mainichi.co.jp)へ。
 アンケートの回答は次の通り。グーグルドライブを利用すれば、より見やすく表示しています(無料)。
 https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=0Auxs0vD6Rpw8dGZMUVl3ZjU3cmY1bGVnOUNvbUZHRUE&output=html