top_hilomura-sakura.jpg

2013年12月02日

伊方風船プロジェクト〜原発から風船を飛ばします〜 使用済み核燃料の乾式貯蔵について考える

【伊方風船プロジェクト〜原発から風船を飛ばします〜】
<12月5日に開催される朝日新聞のシンポジウム「核燃料サイクルのあり方を問う」のパネリストドイツのクラウス・ヤンバーグさん>
AS20131105002592_commL.jpg

日時:12月2日(月)11:30〜(風船ふくらまし隊は10時集合)
集合場所:伊方町道の駅「きらら館」
参加:無料

<懇談会のお知らせ>
使用済み核燃料の乾式貯蔵について考える
〜 ドイツのクラウス・ヤンバーグさんを囲んで 〜
■日時 2013年12月2日(月)
    午後6:30開場、7:00開始  (〜8:30頃終了予定)
■場所 スタンダード会議室・新橋フォーラム店(B1 中会議室)
    東京都港区新橋1-17-2第二光和ビル
    JR・東京メトロ銀座線「新橋」駅〜徒歩2分
    http://forum.spaceuse.net/access/
■お話 クラウス・ヤンバーグ(Klaus Janberg)さん
 核技術コンサルタント。ドイツの再処理会社「DWK」の子会社で輸送・貯蔵
兼用のキャスク技術の開発を指揮し、使用済み核燃料の乾式貯蔵普及に努めた。
核燃料サイクル路線と直接処分路線とのコスト比較に詳しい。
■言語 日英通訳付
■要事前申込み
 参加希望の方は前日(12月1日(日))まで
 kawasaki@peaceboat.gr.jp (川崎哲)
■参加無料
■趣旨
 ドイツのクラウス・ヤンバーグ氏は、12月5日に開催される朝日新聞のシ
ンポジウム「核燃料サイクルのあり方を問う」のパネリストとしてこのたび来日されます。
 ヤンバーグ氏は、フランス、米国、ドイツで長く高速増殖炉、使用済み核燃料の再処理、プール貯蔵、乾式キャスク貯蔵、廃棄物対策、廃炉など、数多くのプロジェクトに関わってきた方です。1980年代から、再処理と高速増殖炉は商業的に成り立たないことを主張してきました。
 そして使用済み燃料はプール貯蔵より乾式貯蔵の方が安全性が高く長期保管に適しているとの観点から、同氏は、ドイツで使用済み燃料の乾式貯蔵技術を開発し、その普及に努めてきました。
 ドイツの経験を聞き、日本での適用の可 能性や考えられる問題点等について議論したいと思います。
 参考(朝日新聞のシンポ):
 http://www.asahi.com/articles/OSK201311030146.html
■呼びかけ:
原子力市民委員会 核廃棄物部会(第二部会)
原水爆禁止日本国民会議
■事前申込み・問い合わせ:
川崎哲(原子力市民委員会第二部会/ピースボート)
kawasaki@peaceboat.gr.jp
090-8310-5370

ふくしま疎開裁判の会 記者会見

ふくしま疎開裁判の会 記者会見
http://fukusima-sokai.blogspot.jp/2013/11/blog-post_27.html
日時 12月4日(水) 17〜19時(開場16時30分)
場所 参議院議員会館 101号室
(地図 http://www.mapion.co.jp/m/35.67342845_139.74577169_8/
☆記者会見内容(予定)
・仙台高裁判決を実施しない政府への抗議と実行をせまる声明の発表
・福島県〃民健康管理調査中間発表( 2013.11.12)の子どもの甲状腺癌増加を踏まえ、年間1mシーベルト以下の安全な地に子どもが緊急避難する権利を求めることについて
・福島からお子さんと自身の被曝を避けるため他県に自主避難された方からの報告と今一番伝えたいこと訴えたいこと。
・福島および東日本の被曝の現状・市民や医師からの活動の報告
など山本太郎、福島瑞穂議員、他の各パネリストからの報告と訴え・国際司法裁判所への告発など
☆パネリスト (予定11月28日現在・敬称略)
おしどりマコ・井戸川克隆(前双葉町長)・鎌仲ひとみ(映像作家)・苅部しおり(チェルノブイリへのかけはしより・看護師)・神田 香織(講談師)・松崎道幸(医師・スカイプで)・柳沢裕子(医師)・川根眞也(内部被ばくを考える市民研究会代表)・自主避難者(匿名希望)・福島瑞穂・山本太郎 ・ふくしま集団疎開裁判の会の弁護団     
☆請願紹介議員(敬称略)
阿部知子・有田芳生・糸数慶子・江田五月・川田龍平・篠原孝・照屋寛徳・福島瑞穂・山本太郎

ウクライナ取材報告 「低線量汚染地域における健康管理と保養」〜学校での取組みから

ウクライナ取材報告 「低線量汚染地域における健康管理と保養」〜学校での取組みから
993463_708008575876811_1292905972_n.jpg
ウクライナ取材報告
「低線量汚染地域における健康管理と保養」〜学校での取組みから
https://www.facebook.com/events/583877128344463/
[日時] 2013年12月11日 16:30〜18:30
[場所] 参議院議員会館B109
 報告:白石草(OurPlanetTV)
 コメント:大森直樹さん
資料代:1000円
定員:78名
◆要申込:下記のフォームよりお申し込みください。
 https://ssl.form-mailer.jp/fms/c8129696276586
[詳細]
年間20ミリシーベルトを避難基準としている日本。来年4月には、これまで避難指定されていた地域も解除され、帰還を促す政策がとられています。しかし、原子力規制委員会がまとめた報告には、除染以外の被ばく防護策はほとんど記されず、個人線量計の配布や相談員が配置されるだけです。
こうした状況の下、OurPlanetTVは、チェルノブイリ原発事故の事例を学ぶためウクライナに飛び、低線量汚染地域(年間0.5ミリ〜5ミリ)において、どのような被ばく防護策が取られているのか、また子どもたちはどんな暮らしをしているのかを取材しました。
汚染地域での子どもの健康を守るため、教育科学省や教育委員会、学校がどのような役割を果たしているのでしょうか。特に健康診断や保養システムに焦点を当てて報告します。
◆報告:白石草(OurPlanetTV)
 コメント:大森直樹さん(東京学芸大学准教授、
『東日本大震災と教育界』『福島から問う教育と命』等を執筆)
◆報告概要
・汚染地域における学校支援策(授業時間の短縮/体育のグループ分け/テストの免除)
・健康被害の状況と事例(低線量汚染地域コロステンの学校/一般家庭取材から)
・公的な保養の仕組み(夏休み/学期中/教育委員会内の保養委員会)
・健康診断とチェルノブイリ障害者認定システム(学校/地域/州/国の役割)
・ウクライナにおけるチェルノブイリ法の現状と日本の政策
【コメント】
【質疑応答】
◆主催:OurPlanetTV、国際環境NGO FoE Japan
◆問い合わせ:FoE Japan
 Tel:03-6907-7217(平日10:00〜19:00)
 E-mail: finance@foejapan.org

原発廃炉後の美浜町の未来を見つめて 「松下照幸さんのお話を聞く会」

原発廃炉後の美浜町の未来を見つめて 「松下照幸さんのお話を聞く会」
松下照幸さん.png
原発廃炉後の美浜町の未来を見つめて ?松下照幸さんのお話を聞く会?
http://www.cnic.jp/5500
日時 12月13日(金)18:30〜21:00
場所 連合会館501会議室 (お茶の水)
資料代 500円
主催:再処理いらない!首都圏市民の会・反原発出前のお店・原水禁
賛同:原子力資料情報室
問い合わせ先 原水禁(Tel 03-5289-8224)
-----
■12/14(土)14:00〜
原子力発電に反対する福井県民会議が多田謡子反権力人権賞を受賞
 今年度の多田謡子反権力人権賞を、原発集中立地県で長年反対闘争を継続してきた「原子力発電に反対する福井県民会議」が受賞しました。「福井県民会議」の代表として松下照幸さんが受賞講演を行い、福井の原発反対運動の歴史を語ります。受賞式終了後には、パーティーが(ともに無料!)開かれ、じっくり交流できます。お時間の可能な方は、ぜひご参加下さい。
賞授賞式
 12月14日(土)14:00〜17:00
 連合会館201会議室(お茶の水)
(受賞式終了後、パーティー)

脱原発をめざす首長会議 勉強会 ≪原発ゼロに向けて 日本の課題/ドイツの経験≫

ひらめき脱原発をめざす首長会議 勉強会
≪原発ゼロに向けて 日本の課題/ドイツの経験≫
http://mayors.npfree.jp/?p=1589
日時 2013年12月15日(日)13:30 開会
会場 品川インターシティホール(東京都港区港南2-15-4)
   (品川駅中央改札口より港南口方面 徒歩約10分)
参加費 無料
定員 100名(要事前申込み)
【第一部】
13:30 開会 (開場 13:00)
 挨拶
 村上達也 世話人・元茨城県東海村長、その他顧問の方々から
13:50「原発事故の政府の最新状況―汚染水問題等」
  河野太郎氏(自由民主党 衆議院議員/「原発ゼロの会」世話人/「脱原発をめざす首長会議」顧問)
14:30 休憩
【第二部】
14:50「ドイツ視察の意義と日本の自治体への提案」 ラウパッハ・スミヤ ヨーク氏(立命館大学教授 経済学博士) 上原公子 事務局長・元東京都国立市長 田島公子 元埼玉県越生町長
16:10「原発ゼロ社会への道――新しい公論形成のための中間報告」の紹介
  細川弘明 原子力市民委員会 事務局長
16:40 閉会
  挨拶 三上元 世話人・静岡県湖西市長
主催 脱原発をめざす首長会議
▼一般傍聴者
事前予約制で100名とし、先着順とします。
下記をお読みの上、メールまたはFAXにてお申し込みください。
【申し込み方法】
 件名に「12月15日 一般傍聴希望」として、以下を記載しご連絡ください。
 @お名前(ふりがな)、Aご連絡先 (電話番号とEmail)
【申込先】
 脱原発をめざす首長会議事務局
 E-mail : mayors@npfree.jp / FAX : 03-3363-7562
exclamation【締め切り】 12月9日(月)

核事故の実体を知る連続上映会 12/15(日) 22(日) 28(土)

核事故の実体を知る連続上映会 12/15(日) 22(日) 28(土)
「311」福島事故後、世界が一変しました。3年近く経とうとする今も予断を許さない状況です。あの事故は遠い地方での出来事ではなく、事故の影響がいま現在も続いています。福島の現地取材や原発事故をテーマとする映画を通じて、一人でも多くの方にそれを理解してもらうための企画です。第1弾は、独自取材で福島の現実を追いかけた記録映像「福島の悲劇」上映と、製作・監督のシメイコマツさん(映像作家)から現地取材の最新情報をうかがいます。ぜひご参加ください。
 12/15(日) 18:20〜 上映 [福島の悲劇]と監督トーク
 12/22(日) 13:30〜 上映 [ハード・レイン] [福島の悲劇]
 12/28(土) 13:30〜 上映 [ハード・レイン] [みえない雲]
◆上映と監督トーク 12/15(日) 18:20〜
(開場18:00〜)(上映18:20〜)(上映後、監督トーク(19:40頃〜))
 場所 三軒茶屋キャロットタワー5F セミナールームB
 参加費 1200円  定員45名
【福島の悲劇 ─放射能に翻弄される人々を追った記録─】[66分]
 東日本大震災311から7ヶ月 2011年10月〜翌年3月の取材記録
 製作 SHIMEI VIDEO 監督・取材・音楽・編集 シメイ コマツ
 現在も現地取材継続中。続編は今年秋〜来春の取材を収録予定
・監督と映像紹介(Blog、DVD紹介より一部引用)
 シメイ・コマツ:環境音楽家、自然映像作家。不定住エコロジスト。
 日本全国を巡る旅を始めて七年の月日が経ったころ「311」が勃発。
 福島への取材は10月26日からはじまった。その日は奇しくも「原子力の日」。
 ガイガーカウンターがなければ分からない放射能の存在、鳴りやまない
 アラーム音。知らされない危険と隣り合わせの日常、軽視される内部被ばく。
 新聞・テレビでは絶対に報道されない住民の生の声と現地の空気を肌で
 感じながらの取材記録を、ぜひご覧ください。
 『福島の悲劇』予告篇をYoutubeでご覧いただけます。
  SjqzVLZnY" target="_blank">http://youtu.be/DwSjqzVLZnY
主催 核事故の実体を知る連続上映会 実行委員会
  (たんぽぽ舎「エントロピー入門」講座 特別企画、協力:放射能防御プロジェクトTOKYO)
問合せ:rdp.jimu.kanto@gmail.com