top_hilomura-sakura.jpg

2008年06月26日

お年寄りが豹変!

先日の年寄りが家族4人を金づちで殺してしまった事件では心が痛みます。私のところの患者さんのおじいちゃんがぼけてしまい、ある時から家族を殺そうとする行為があり(結局未遂でしたが)、今回の事件でも同じ様な事が起きているのでは?...と。
結果から言うと、普段から一番優しく親身になって接していいる家族を急に憎んだり、殺して自分も死ぬ!と言って行動に移そうとしたりしたそうです。あまり優しくない人にはそういった憎悪は抱かないようです。用意周到に刃物を用意したり、ある時は木のまな板で後ろから来て頭を殴ったりとそれは大変な思いをしたそうです。
おじいちゃんに取って近親者や優しい人は大事な人、そういう人を失うとういう漠然とした不安が作用するのか?はよくわかりませんが、外に対して異常に気を使う方だったそうです。仕事の抑圧や、色々な重圧、育って来た過程での出来事等がシナプス(脳神経回路)の結びつきでこのような行動の結果になったのでしょうか?謎です。
posted by hilo_m at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16408185

この記事へのトラックバック