top_hilomura-sakura.jpg

2010年02月03日

MRIとレントゲン写真を持っていらした患者さん

最近では、MRIとレントゲン写真も患者さん本人にくれるようで、持ってみえる方も多くなりました。最近に頚から手の指まで辛いしびれと疼痛で、夜もおちおち寝れない症状が出ている患者さん(60代、男性)が、MRIとレントゲン写真の両方携えていらっしゃいました。病院の説明だけではよく理解出来なかったexclamation&questionそうでしたが、幸い写真に兆候も分かりやすく出ていましたので、ご本人も悪い部位がよく理解出来ましたので良かったです。
ひらめきやはり頸椎の下部(C6~C7番のズレ)のズレが原因でしたが、MRI写真はやはりすごいですねexclamation×2ちなみにもう良くなり普通に生活なさっているようです〜by院長
posted by hilo_m at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 診療関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35103060

この記事へのトラックバック