top_hilomura-sakura.jpg

2011年06月04日

緊急時基準の食品放射能暫定値!いつまでが緊急時?

今日本で3/17以降に決められた食品や飲料の暫定基準値は明らかに高いと言えるが、政府は緊急時の措置と言う事で定めた。
しかし緊急時が1〜3ヶ月で終わるならその数字も理解出来ようが(理解したくないが)、既に土壌に降り積もった放射性物質を除去しない限り減らないのと(チリやホコリになり風で運ばれる)、海洋では放射能汚染水が垂れ流しだし、海底には恐ろしい単位の放射性物質が積もり、原発からはまだ放射性物質が漏れて終息していない。また、原発からも日々放射性物質は空気中に漏れている現状。工程表の通り行けばまだしも(専門家の間でも難しいのではないかと言われているが)1年以上になるようだったら全く持って暫定値でも緊急時でもなくなってしまい、完全に私達は(何十万と言う人々)放射能汚染の内部被ばく(飲む・吸う・食べる)を負ってしまう事になるかもしれない。本当に早く終息する事を祈る。
ひらめき元日本原子力学会会長の田中俊一氏らは、福島第一原子力発電所が3度目の水素爆発を起こす恐れがあり、今迄2回爆発した合計の10倍!になるだろう。そうなったら首都圏は間違いなく避難地域になるだろうとの事です。 by院長

    20110610_2.gif
@niftyニュース 終わりなき放射能汚染
じわじわ広がる土壌・海水汚染 食品安全検査は機材も人も足りずにお手上げ
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/asahi-20110602-02/1.htm

 

posted by hilo_m at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45703341

この記事へのトラックバック