top_hilomura-sakura.jpg

2013年03月10日

イラク戦争の10年と日本


イラク戦争の10年と日本
https://www.facebook.com/events/564874643527439/
【日時】2013年3月20日(イラク戦争開戦日)10時〜17時30分
【会場】早稲田大学社会科学部棟1、2F
 (東京都新宿区西早稲田1-6-1)
 *東京メトロ東西線、早稲田駅下車
【主な内容】
全体会「イラク戦争の10年と日本」:
イラク人ジャーナリストが観た戦乱のイラクの10年をアリさんに、戦争を仕掛けた国側でも傷ついたことをローズさんに、日米関係としての日本のイラク戦争加担を孫崎さんに語ってもらう。
イラク戦争10年実行委も、イラク戦争の国際的な影響や戦争検証の必要性・意義について、議論に加わる。
【当日スピーカー予定者】*敬称略
アリ・マシュハダーニ(ロイター通信イラク現地記者)、
ローズ・ジェントル(英国反戦軍人家族会)、
孫崎享(元外交官)、
谷山博史(日本国際ボランティアセンター代表理事)、
吉岡達也(ピースボート)、
伊藤和子(ヒューマンライツ・ナウ)、
池田香代子(翻訳家/世界平和アピール7人委員会)、
原文次郎(日本国際ボランティアセンター・イラク事業担当)、
佐藤真紀(日本イラク医療支援ネットワーク)、
高遠菜穂子(イラク支援ボランティア)、
志葉玲(ジャーナリスト/イラク戦争の検証を求めるネットワーク事務局長)、
細井明美(イラクホープネットワーク) ほか
====================
【タイムテーブル】
10:00-12:00
全体会 「イラク戦争の10年と日本」(仮)
スピーカー:アリ・マシュハダーニさん、ローズ・ジェントルさん、
孫崎 享さん ほか
13:00-14:30
分科会1(イラクと劣化ウラン、被曝)、
分科会2(ローズさんと語るイラク戦争検証)
15:00-16:30
分科会3(アリさんと語るイラク復興)、
分科会4(イラクと自衛隊、在日米軍・沖縄)
16:45-17:30
分科会報告と「早稲田宣言」*
*各分科会からの報告を受け、イラク戦争10年を機に日本の私たちは
どのように今後もイラクに、日本の問題に、世界にどのように関わっ
ていくべきか、宣言文を作成し、読み上げる。
==========
分科会1:
福島第一原発事故以後、日本でも大きな関心を集めている、放射性物質の人体への影響。イラクでは何が起きているのか。日本が学ぶべき教訓やイラクのために何ができるか等。
分科会2:
イラク戦争で英軍兵士だった息子を亡くしたローズさん。当時のイギリス政府の責任追及する彼女の話を聞きながら、日本でのイラク戦争検証についても論議する。
分科会3:インフラや社会サービス等が徹底的に破壊されたイラクの状況を、イラク人ジャーナリストのアリさんに聞き、改善されない人々の生活を再建するために、本当に必要な支援とは何か、日本のNGOと語り合う。
分科会4:イラク戦争と在日米軍や自衛隊の具体的な関わりについて。沖縄の海兵隊は本当に日本を守るために駐留しているのか。
米軍犯罪へのイラク・日本両国の対応の違いは?等。
---------------
☆イラク戦争10年会議には多額の費用がかかります!
  どうかご支援を!!
ゆうちょ銀行
*加入者名:イラク戦争10年実行委員会
*00110−8−263690
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63538013

この記事へのトラックバック