top_hilomura-sakura.jpg

2013年06月10日

「三菱重工製配管破損で米原発廃炉 米電力会社、賠償請求へ」

ひらめき「三菱重工製配管破損で米原発廃炉 米電力会社、賠償請求へ」
《同じ配管が日本でも使用されているのに.....!?むかっ(怒り)むかっ(怒り)
朝日新聞デジタル 6月8日(土)3時34分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130608-00000008-asahi-int

廃炉が決まった米サンオノフレ原発。目の前の海はサーファーが集い、波が高いことで知られる=今年2月、藤えりか撮影

 【ロサンゼルス=藤えりか】三菱重工業製の蒸気発生器の配管破損で昨年から停止中の米カリフォルニア州南部のサンオノフレ原発について、運営する南カリフォルニア・エジソン社は7日、全2基を廃炉にすると発表した。住民の反対を受け、再稼働をめぐる米原子力規制委員会(NRC)の判断が長引き、コスト面から「維持は不経済」と判断した。同社は三菱重工に損害賠償を請求する。

 エジソン社は昨年10月、2基のうち1基を7割の出力で稼働する計画をNRCに出していたが、市民団体や一部議員が反対、NRCも公聴会を重ねるなどして判断に時間をかけてきた。エジソン社は「再稼働できるかどうか、できたとしてもいつになるか不安定な状態がこれ以上続くのは 、利用者や投資家にとってよくないとの結論に至った」とコメントを出した。廃炉は長年かけて完了させる。

 エジソン社は廃炉に伴い、約1100人の人員削減を発表。NRCは昨年、三菱重工の「不十分なコンピューター分析が設計ミスを招いた」との調査結果を明らかに。一方、両社が設計に問題があることを把握しながら安全上の改良をしなかった、とする内部文書を米上院議員が明らかにしており、責任の所在をめぐって紛糾する可能性もある。

朝日新聞社
========================================
「米SCE、三菱重工製蒸気発生器の不具合で停止中の原子炉2基を廃炉に」ロイター 6月8日(土)4時16分配信

[7日 ロイター] - 米カリフォルニア州サンオノフレ原発を運営する米電力会社サザン・カリフォルニア・エジソン(SCE)は、蒸気発生器の配管の問題で運転を停止している原子炉2基を廃炉にすることを決定した。

両原子炉は、蒸気発生器の配管の問題を受け2012年1月以降、運転を停止していた。破損した蒸気発生器は三菱重工<7011.T>が製造した。

両原子炉はそれぞれ1983年と1984年に稼働開始。米国で今年に入ってから廃炉が決まった原子炉の数はこれで4基となる。

SCEはエジソン・インターナショナル<EIX.N>の傘下企業
========================================
「米サンオノフレ原発廃炉へ、三菱重工製配管に異常」
TBS系(JNN) 6月8日(土)12時54分配信

 アメリカ・カリフォルニア州のサンオノフレ原子力発電所で、日本の企業が輸出した製品に異常が見つかり、原子炉が廃炉になることが決まりました。

 SCE=サザン・カリフォルニア・エジソン社によりますと、サンオノフレ原発では、去年1月、配管から水漏れが見つかり、3号機が緊急停止。漏れた水からは微量の放射性物質も検出され、検査の結果、2号機の配管でも異常が見つかりました。原因は三菱重工業が製造した蒸気発生器の配管の磨耗で、異常は2号機と3号機合わせて1万5000か所に上っていたということです。
 SCEは早期の再稼働を目指していましたが、住民の強い反対やアメリカ原子力委員会の許可が下りないことなどを理由に廃炉を決めま した。

 SCEは三菱重工業に対し、損害賠償を求める方針を明らかにしています。(08日10:02)

最終更新:6月8日(土)12時54分
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69180034

この記事へのトラックバック