top_hilomura-sakura.jpg

2013年12月02日

ウクライナ取材報告 「低線量汚染地域における健康管理と保養」〜学校での取組みから

ウクライナ取材報告 「低線量汚染地域における健康管理と保養」〜学校での取組みから
993463_708008575876811_1292905972_n.jpg
ウクライナ取材報告
「低線量汚染地域における健康管理と保養」〜学校での取組みから
https://www.facebook.com/events/583877128344463/
[日時] 2013年12月11日 16:30〜18:30
[場所] 参議院議員会館B109
 報告:白石草(OurPlanetTV)
 コメント:大森直樹さん
資料代:1000円
定員:78名
◆要申込:下記のフォームよりお申し込みください。
 https://ssl.form-mailer.jp/fms/c8129696276586
[詳細]
年間20ミリシーベルトを避難基準としている日本。来年4月には、これまで避難指定されていた地域も解除され、帰還を促す政策がとられています。しかし、原子力規制委員会がまとめた報告には、除染以外の被ばく防護策はほとんど記されず、個人線量計の配布や相談員が配置されるだけです。
こうした状況の下、OurPlanetTVは、チェルノブイリ原発事故の事例を学ぶためウクライナに飛び、低線量汚染地域(年間0.5ミリ〜5ミリ)において、どのような被ばく防護策が取られているのか、また子どもたちはどんな暮らしをしているのかを取材しました。
汚染地域での子どもの健康を守るため、教育科学省や教育委員会、学校がどのような役割を果たしているのでしょうか。特に健康診断や保養システムに焦点を当てて報告します。
◆報告:白石草(OurPlanetTV)
 コメント:大森直樹さん(東京学芸大学准教授、
『東日本大震災と教育界』『福島から問う教育と命』等を執筆)
◆報告概要
・汚染地域における学校支援策(授業時間の短縮/体育のグループ分け/テストの免除)
・健康被害の状況と事例(低線量汚染地域コロステンの学校/一般家庭取材から)
・公的な保養の仕組み(夏休み/学期中/教育委員会内の保養委員会)
・健康診断とチェルノブイリ障害者認定システム(学校/地域/州/国の役割)
・ウクライナにおけるチェルノブイリ法の現状と日本の政策
【コメント】
【質疑応答】
◆主催:OurPlanetTV、国際環境NGO FoE Japan
◆問い合わせ:FoE Japan
 Tel:03-6907-7217(平日10:00〜19:00)
 E-mail: finance@foejapan.org
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81829629

この記事へのトラックバック